本ページに記載の金額は、すべて税別です。
当院は100%自由診療のため、保険適用はできません。

お支払い方法

・現金
・クレジットカード(一括・分割)
・デンタルローン
 ※審査がございます
医療費控除については、本ページの末尾をご覧ください。

初診料
(『キレイライン矯正』『キレイラインKIDS』共通)

初診料パノラマレントゲン、CT、セファロ、口腔内写真や顔貌写真の撮影等を含みます¥3,000

『キレイライン矯正』料金

初回コース

初めてキレイライン矯正を契約される方に適用される費用です。
キレイラインの全提携クリニックで価格は一律ですが、当院では1本3,000円で販売しているホワイトニングジェルが最大4本分、料金に含まれます。
また、7回コース・10回コースの患者様には、マウスピース型リテーナー(上下・¥20,000相当)が料金に含まれております。

初回1回ホワイトニングジェル1本込¥20,000
初回4回コースホワイトニングジェル2本込¥130,000
初回7回コースホワイトニングジェル3本+マウスピース型リテーナー(上下)込¥230,000
初回10回コースホワイトニングジェル3本+マウスピース型リテーナー(上下)込¥330,000

追加コース

「まず1回試してみて、続けられそうなら追加したい」
「ある程度満足したけど、もう少し回数を追加してキレイに整えたい」
という患者様のために、1回ずつ購入するよりもお得な追加コースもございます。

追加6回または9回コースをご契約の方には、マウスピース型リテーナー(上下¥20,000相当)が無料となります。

追加1回¥40,000
追加3回コース¥115,000
追加6回コースマウスピース型リテーナー(上下)込¥220,000
追加9回コースマウスピース型リテーナー(上下)込¥320,000

上記以外に追加で発生する費用

『キレイライン矯正』と併用する追加治療

追加治療についての詳細は、治療メニューをご覧ください。

歯のクリーニング/PMTC

20分以内¥3,000
40分以内¥6,000

歯石除去(スケーリング)

1ブロック1/6¥1,500
全顎 6/6 ¥3,000

拡大床

片顎¥40,000
上下¥80,000

IPR

IPR※1回の施術で何箇所行っても、一律の料金です¥3,000

スクリューインプラント

1本¥30,000

OBR(オーバーレイバイトランプ)

OBR¥20,000

エラスティック用フック

1個¥3,000

ホワイトニングジェル

1本¥3,000
2本目以降¥2,000
12本セット¥20,000

その他追加治療以外に発生する費用

紛失・破損等によるマウスピース/マウスピース型リテーナーの再製作

片顎¥10,000
片顎(お渡しのみ)¥6,000

リテーナー(保定装置)

マウスピース型(上下、耐用24ケ月程度※)¥20,000
プレート型(上下、半永久的に耐用)¥60,000
ワイヤー型(上下12本の前歯に固定、耐用36ケ月程度※※)¥60,000

※6回以上のコース契約の患者様は、マウスピース型リテーナーが無料となります。
※耐用期間は素材メーカー調べ。使用状況により12ケ月程度で再製作が必要になる場合もございます。変形・破損が生じた場合は、早めに新しいリテーナーの再製作をお勧め致します。再製作は有料となります。
※※歯石や虫歯によるリスクを防ぐため、3か月毎の歯のクリーニングならびに3年毎のワイヤー型リテーナーの交換(いずれも有料)を必ず行ってください。

『キレイラインKIDS』料金

ご契約から1年以内の診察料を含んだ金額です。2年目以降は、別途費用が発生します。
また、キレイラインKIDSとは別に、追加治療(PMTCなど)を受けられた場合は、別途料金が発生します。

治療プログラム総額

治療プログラム総額¥150,000

紛失・破損・成長により大きさが合わなくなった場合のマウスピース交換

※破損が無かった場合も、契約から1年後に無償で2個目のマウスピースに交換します。無償

上記以外に追加で発生する費用

『キレイラインKIDS』に併用可能な追加治療

PMTC20分以内¥3,000
PMTC40分以内¥6,000

『キレイラインKIDS』2年目以降の診察料

1回¥5,000

矯正歯科治療の税金還付
(医療費控除)について

『キレイライン矯正』『キレイラインKIDS』は、原則的に医療費控除の対象外となります。ただし、例外的に医療費控除の対象になる場合もございますので、以下ご一読のうえ、当院にご相談ください。

※一部「最新の医療費控除制度」と詳細が異なる可能性がございます。
ご不明な点は、税理士・税務署の方に直接ご相談ください。

医療費控除とは

医療費控除とは、自分もしくは自分と生計を共にする家族が支払った医療費を、その年の所得税・住民税から還付・削減することができる制度です。

矯正歯科治療の医療費控除

歯列矯正は原則、健康保険が適用されないため、自由診療となり全額自己負担となります。ただし、一定の条件を満たせば、歯列矯正においても医療費控除の対象になります。

医療費控除の対象となる医療費

対象になる医療費

・治療費
・交通費(交通機関を利用し、通院にかかった費用)
・治療のために必要な医薬品の購入費
※交通費は対象外となる場合もございます。

対象外の医療費

・口腔衛生用品(例:歯ブラシ)
・通院にかかった車のガソリン、駐車場代

還付金(手元に戻ってくる金額)の計算方法

(1)医療費控除額の計算式

医療費控除額 = その年に発生した医療費の総額-保険などで補填された金額-10万円
※年の所得が200万円未満の方は「10万円」ではなく「総所得×5%」の金額を引きます。

(2)所得税からの還付金の計算式

所得税からの還付金 = (1)で出した医療費控除額 × 所得税別の還付率*

*所得税別の還付率

課税所得**〜195万〜330万〜695万〜900万〜1800万〜4000万4000万〜
所得税別
の還元率
5%10%20%23%33%40%45%
課税所得**
〜195万〜330万〜695万〜900万〜1800万〜4000万4000万〜
所得税別の還元率
5%10%20%23%33%40%45%

**課税所得は「支払給与」(給与の額面)とは異なり、「年間の総所得金額から各種所得控除を引いた金額」のことを言います。

(3)住民税からの減税率

住民税率は所得によらず、一律10%
※住民税は、該当年の6月からの住民税の金額で調整されます(還付金ではなく、住民税から減額されます)

デンタルローン(歯科ローン)やクレジットでも控除される?

デンタルローンやクレジットに関しても、一定の条件を満たせば医療費控除の対象になります。ただしローンの金利、手数料相当分は対象外です。
※デンタルローンの場合、ローン契約が成立した年が医療費控除の対象になります。
※デンタルローンを利用する場合、歯科医院から治療費の領収書が患者様のお手元に発行されません。ローンご契約時の「契約書の写し」や「信販会社の領収書」を使用して手続きをしてください。

参考リンク

・医療費控除に関して(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm
・医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1128.htm